マウスピース(インビザライン)|福岡市の歯列矯正なら|智治矯正歯科

診療時間

平日10:00~19:30
(受付19:00まで)
水曜14:00~20:30
土日9:00~17:30

休診日

祝日

WEB予約はこちら

診療カレンダーはこちら

FACEBOOK

福岡市西区今宿前原の智治矯正歯科

TEL092-400-7775

お問い合わせはこちら

マウスピース

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、着脱式の透明なカスタムメイドのマウスピースを装着し、歯並びを改善していく矯正治療の方法です。
従来の矯正装置は、矯正装置を歯の表面に装着するため、見た目が気になる、長期間装着しないといけないという面から、なかなか治療にふみ出せない方も多いかと思います。見えづらい治療方法として、歯の裏側に装置をつける裏側(リンガル)矯正に加え、マウスピース矯正が挙げられます。写真の様な歯にぴったりフィットする透明の装置のため、笑った時や会話をしている時など目立ちづらい特徴があります。

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

マウスピース矯正であるインビザライン(invisalign)とは、米アライン・テクノロジー社が開発したマウスピースによる矯正治療のシステムです。2006年に日本で導入されました。
90カ国以上の国々で440万人を越える患者さまが治療を受けており、近年では日本でも「目立たない」「取り外しできる」という利点から、インビザラインによる矯正治療を希望される方は増加傾向にあります。
さらにインビザランなら、通院頻度が一般的な矯正治療より少なくなるといった利点もあります。
※ インビザライン(薬機法対象外)を日本で使うことの法的な位置付けについて

マウスピース矯正のメリット

来院間隔が長く、処置時間が短い
マウスピース型矯正装置を使用した治療の場合状態にもよりますが6〜12週間来院間隔をあけることができます。
治療期間が短い
デジタルセットアップにより、歯の移動の最短距離を探すので、治療期間が短くなります。
痛みが少ない
マウスピース型矯正は、1枚あたりの歯の移動量がコンピューターで管理されており、ワイヤー矯正に比べるとほとんど痛むことはありません。
歯ブラシやフロスが自由にできる
歯磨きの時に装置を外すことができるので、歯磨きやフロスも普通に行えます。矯正治療中の歯磨き不良による虫歯や歯周病のリスクはワイヤー矯正に比べて格段にひくいといえます。
メタルフリー
金属アレルギーの心配のある方もマウスピース型矯正装置を用いた治療なら安心して行えます。

マウスピース矯正のデメリット

十分に装着しなければ治療が進まない
マウスピース矯正では、光学スキャナーにより歯並び、お口の中の状況を把握し、治療を始める前に矯正終了時の歯並びをシミュレーションします。そのデータをもとに、カスタムされたマウスピースを製作し、装着して歯並びを改善していきます。取り外し可能な装置なため、装着するかどうかが患者様の意志にゆだねられます。1日20時間以上をお願いし、十分装着していただけない場合は、歯に適切な力がかからず、治療期間が延長したり、予定通りの治療結果に至らない可能性があります。
理想的な治療を行うためには患者様の協力が不可欠な矯正治療です。
治療ができない場合もある
マウスピース矯正には向き不向きがあり、すべてのケースに適応できるわけではありません。
患者様それぞれの歯並び、口腔内を専門的に診査し、マウスピースによる治療が可能かどうか判断します。歯のガタつきが強いケースや、咬み合わせ、骨格的にずれのあるようなケース、乳歯がまだある場合など、基本的には不向きな治療法です。適応可能かどうかはカウンセリングをご利用ください。口腔内を診査しあなたにとって最適な治療法をご案内します。

新規導入!!
口腔内スキャナー iTero Element による光学精密スキャニング

「iTero element」は最新の口腔内3次元光学スキャナーです。
当院ではマウスピース型装置であるインビザラインを作製するために必要な歯型取りを「iTero Element」光学スキャンを用いておこないます。特殊な光を歯に当てることで歯型を採取し、取得したデータはすぐにアメリカのアライン社へと送られるため、治療開始までの期間を大幅に短縮できます。
これまで、ネバネバしたシリコンによる歯型取りで辛い思いや手間を感じたことはありませんか?シリコンによる型取りは完全に過去のものになりました。おう吐反射のきつい方でも、短時間で患者さんのお口をスキャンします。
1秒間に撮影するフレーム数は6000枚。快適・高速・精密に歯型のデータを3Dデータに変換していきます。この3Dデータはクリンチェックというマウスピース型矯正装置設計ソフトウェアに組み込まれるためすぐに立体画像として確認ができます。

iTero elementを導入医院はまだまだ少なく、智治矯正歯科では2018年9月にこのシステムを導入しました。

iTero Elementのメリット

※矯正前後のシミュレーション

短い時間で高精度な歯型を採取できる
リアルタイムで歯型の確認が可能
矯正治療前と治療後のシミュレーションが可能
印象材での歯型取りがないので苦痛でない
先端部分が使い捨てのため清潔

精密検査に基づく治療計画

デジタル技術よるサポートのあるマウスピース矯正(インビザライン)ですが、あくまでも治療の計画を立てるのは歯科医師の役目です。従来の矯正治療とは違う特有の知識と技術が必要な矯正方法です。高い診断技術が要求され,矯正歯科医によって治療計画も矯正後の治療結果も大きく異なります。治療には正確な治療計画や経験に基づく適切な判断が求められます。
智治矯正歯科ではマウスピース矯正の一つひとつの工程を、丁寧に且つ正確に進めてまいります。
マウスピース矯正にご興味のある方はお気軽にご相談ください。

インビザライン(薬機法対象外)を日本で使うことの法的な位置付けについて

インビザライン®は米アラインテクノロジー社の製品の商標です。
インビザラインによる矯正治療は、より一般的にはアライナー矯正と呼ばれており、日本ではマウスピース矯正などとも呼ばれ治療としてメジャーになりつつあります。このアライナー矯正を行うための装置はインビザラインに限らず、世界では多くの会社が販売しており、その中でもアラインテクノロジー社のインビザラインは世界最大シェアを誇り、全世界で数多くの治療として利用されています。智治矯正歯科ではこのインビザラインをマウスピース矯正治療の装置として使っております。
一方、日本ではこのインビザライン は厚生労働省の薬事承認された医療機器ではありません。
材料そのものは薬事承認されているため、口の中に入れても問題のあるものではありません。
製作(マウスピース)においては治療をする歯科医師が患者さんに合わせて処方したものをインターネットを介して米アラインテクノロジー社にオーダーし、ロボットが作ります。つまり、設計は歯科医師がしますが実際に作るのは日本の国家資格を持つ歯科医師でも歯科技工士でもない海外のロボットが作りますので、これは日本の医療機器法の対象とはなりません。
以上のことから、日本においてインビザラインで治療をする場合、医師はこれらのことを患者に説明する義務があります。智治矯正歯科ではインビザラインによる治療を行う場合、すべての患者様に以上のことを説明し同意を得てから治療を行なっています。不安に思うことや疑問は気軽にお尋ねください。

ページトップへ