小児矯正について|福岡市の歯列矯正なら|智治矯正歯科

診療時間

平日10:00~19:30
(受付19:00まで)
水曜14:00~20:30
土日9:00~17:30

休診日

祝日

WEB予約はこちら

診療カレンダーはこちら

FACEBOOK

福岡市西区今宿前原の智治矯正歯科

TEL092-400-7775

お問い合わせはこちら

小児矯正について

「小児矯正治療は、いつごろのタイミングでおこなえばよいのか?」「自分の子どもに合った矯正治療を知りたい」費用も時間もかかる歯列矯正だからこそ、こういった疑問を抱えていらっしゃる方が多いです。
そこで今回は小児矯正の目的や治療方法、早期に矯正をはじめることのメリット・デメリットなどをお伝えします。

小児矯正とは

矯正歯科とは

小児矯正治療のゴール(目標)とは「永久歯が生え揃う前に、適切なかみ合わせを作るための土台を作る」ことです。
発達段階のお子さんは顎や骨格の土台が整えやすく、早期にアプローチすれば成長にあわせて歯並びをコントロールすることが期待できます。
一方で大人からはじめる歯列矯正ですと、すでに土台が完成されてしまっているため患者さんの歯並びによってはかなりの負担が掛かってしまう場合があるのです。
当院では、顎や骨格の成長度合いに加えて、お子さん自身に「どのくらい意欲があるのか」といったメンタル面も重要して治療計画を立てていきます。

主な矯正治療方法

小児矯正の治療方法は、大きくわけて2つの方法が挙げられます。

Ⅰ期治療

この時期の主な目的は、永久歯がきれいに生えるスペースを整えるための環境づくりです。一般的には矯正器具の取り扱いがスムーズに理解できる小学校低学年ごろから治療をおこないます。ただ、受け口(反対咬合)の場合などは、3歳ごろからはじめるケースもあります。

おもに使用する装置

・上顎前方牽引装置…反対咬合のお子さんに使うフェイシャルマスクのような矯正装置です。
口のなかのフックとマスクについているフックの間にゴムを引っかけて、上の顎を前方に押し出し、反対に下の顎は後方に誘導します。

・拡大床…歯が生えるスペース(床)が狭いお子さんに使用する矯正装置です。
歯の並ぶ内側から力を加え顎の骨を押し拡げていきます。

・斜面板…出っ歯(上顎前突)や深すぎるかみ合わせ(過蓋咬合)のケースなどに使用します。下の顎を前に誘導するために用いられる取り外し式の矯正装置です。

・プレオルソ…比較的軽度の歯列不正を治療できるマウスピース型の取り外し式矯正装置です。
口呼吸や舌の位置などの癖を正し、口周りの筋肉のバランスを整えます。

Ⅱ期治療

本格的に歯そのものを動かしていき、きれいな歯並びに整えるのが目的です。
永久歯が生えそろう12歳前後以降が対象の年齢になります。

おもに使用する装置

・マルチブラケット装置…ブラケットとよばれる金属器具を歯に取りつけて、ワイヤーの力で歯を三次元的に矯正する方法です。
一般的には歯の表側に矯正器具を装着しますが、見た目が気になる方は「舌側矯正治療」といった歯の裏側に装着できるタイプもあります。

・インビザライン…取り外しができる透明なマウスピースを装着し、歯並びを整える方法です。
透明なマウスピース型の装置を装着し、歯並びを整える方法です。取り外しができるため、食事や歯磨きは普段通りおこなえます。
特に当院ではマウスピース矯正であるインビザラインに強みがあります。昨年度(2019年度)の実績としては、マルチブラケット装置とインビザラインの患者様の割合はおおよそ半々です。

子供のうちに矯正治療をはじめるメリット

矯正歯科とは

「お金や労力などの負担がかかっても、小さいころから矯正治療を始める意味はあるのだろうか?」と思われる親御さんもいらっしゃるかもしれません。
ただ早期に矯正治療をはじめるからこそ、得られるメリットは数多くあります。

顎の成長を助ける

Ⅰ期治療であれば、成長途中の顎や骨格にアプローチできる矯正方法が選択できます。
小児矯正の強みは、顎の成長を適切にコントロールすることにより、かみ合わせだけではなく顔立ちも整いやすくなることです。

将来的な抜歯のリスクが減る

早い時期から顎を広げて永久歯のスペースを作ることにより、Ⅱ期治療に移行したときに歯を抜く可能性が少なくなります。

定期的な虫歯のチェックも可能

小さいうちから矯正治療のために歯医者さんへ通うことになるので、虫歯の早期発見と治療につながります。

呼吸や滑舌、口、舌の使い方も見直せる

軽度な歯列不正の場合であれば、そもそも特別な矯正装置が必要ない可能性があります。
適切な舌や唇の筋肉の動かし方を覚えて習慣化することで、舌を前に出してしまうなど悪習癖がなくなり、結果的に歯並びが改善するケースもあります。

子供の矯正治療のデメリット

矯正歯科とは

どのような治療方法であっても同様ですが、メリットがあればデメリットも同じように存在します。

矯正期間が長くなる場合もある

Ⅰ期治療から矯正を始めた場合、そこで矯正治療が完了する方もいらっしゃいますが、顎の成長は15歳ごろまで続きます。
永久歯の生え方によってはさらなる矯正治療が必要となり、お子さんによってはモチベーションの維持が難しいことがあります。

治療法によって虫歯のリスクがある

固定式の矯正装置では、取り外しができないためにブラッシングがしづらく清掃不良になるケースがあります。

治療法によっては本人の努力が必要

「矯正器具の見た目が気になる」「取り外しができる装置のためマメな装着が必要」など、煩わしさにも負けないモチベーションの維持が必要です。

ぜひ一度ご相談ください

当院では「小児矯正治療の主役は子どもである」と考えています。
歯列矯正は、なによりもお子さん自身の強い意志とモチベーションが必要となるからです。
治療に前向きではない方は、長期に渡っての治療は困難であると考えているため、お子さん自身が納得のいかないときは、無理に治療はすすめません。
「本人が歯並びを気にしているか」「なぜその装置が必要なのか?」といった説明は親御さんだけでなくお子さんに対しても、きちんと説明したのちに治療に入るよう努めています。
また当院では矯正治療に加えて、歯並びを整えるために舌が正しい位置に収まっているのかの確認と習慣づけの指導・トレーニングをおこなっています。
歯列矯正は、歯並びの状態に合わせた適切な開始時期が重要です。
まずは当院の無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

ページトップへ