診療のご案内
  • 診療時間

  • 10:00-19:30

  • 14:00-20:30

  •  9:00-17:30

平日 : 10:00~19:30 ( 水曜 / 14:00~20:30 )
土日 : 9:00~17:30 ※休診日 : 祝日

症例紹介

  1. 10代女性 前歯が出ている

    • before
      Before
    • after
      After
    通院時の年齢 10代
    性別 女性
    通院目的 ・前歯が出ている
    処置内容 ・マウスピース矯正(インビザライン)
    通院回数 2年10ヶ月 (24回)
    費用 ・インビザライン 968,000円(税込)
    ・処置料
    月々3,300円(税込)×24回の来院
    リスク・副作用 歯列矯正のデメリットは自由診療になるため、虫歯治療などの保険診療と比べ治療費が高額になり治療期間も症状によりますが長くなります。
    そのため、患者様がきちんと理解をした状態で治療を始めることが大切であると当院は考えます。
    矯正装置を装着した時や、歯が動き始めた時などには、多少の不快感や軽度の痛みを伴うことがあります。
    マウスピース矯正では、光学スキャナーにより歯並び、お口の中の状況を把握し、治療を始める前に矯正終了時の歯並びをシミュレーションします。そのデータをもとに、カスタムされたマウスピースを製作し、装着して歯並びを改善していきます。取り外し可能な装置なため、装着するかどうかが患者様の意志にゆだねられます。1日20時間以上をお願いし、十分装着していただけない場合は、歯に適切な力がかからず、治療期間が延長したり、予定通りの治療結果に至らない可能性があります。
    備考 理想的な治療を行うためには患者様の協力が不可欠な矯正治療です。
    当患者様はしっかりと装置を使用されていたのでスムーズに治療を終えることが出来ました。
    矯正治療期間は、歯みがきも重要です。患者さまの歯の状況に応じて、歯ブラシ指導をおこないますので一緒に頑張りましょう。
    当院は患者さんに寄り添い、ベストな治療は何かを常に考えながら一人一人の笑顔をより素晴らしいものにしていきたいと考えています。
  2. 60代女性 右下のガタガタ、歯の重なりが...

    • before
      Before
    • after
      After
    通院時の年齢 60代
    性別 女性
    通院目的 ・他院より下顎左側の重なりの改善を依頼された
    ・1本抜歯し歯の整直依頼
    ・右下のガタガタ、歯の重なりが気になる、全体的にも気になる。
    処置内容 ・マルチブラケット装着(部分矯正なので右下のみ)
    ・下顎前歯部舌側をワイヤー(FIX)で固定
    ・下顎右下小臼歯1本抜歯
    通院回数 11カ月 12回
    費用 ・部分矯正(マルチブラケット)151,200円(税込み)
    ・処置料
    月々5,500円(税込み)×12回の来院
    リスク・副作用 歯列矯正のデメリットは自由診療になるため、虫歯治療などの保険診療と比べ治療費が高額になり治療期間も症状によりますが長くなります。
    そのため、患者様がきちんと理解をした状態で治療を始めることが大切であると当院は考えます。
    矯正装置を装着した時や、歯が動き始めた時などには、多少の不快感や軽度の痛みを伴うことがあります。
    痛みの感じ方や感じやすさには個人差がありますが、なるべく痛みが少ないようにワイヤーを選択しゆっくり動かすようには考慮して治療は行っております。
    備考 抜歯による歯肉退縮について十分説明を行い処置を開始した。
  3. 20代女性 前歯のガタガタが気になる

    • before
      Before
    • after
      After
    通院時の年齢 20代
    性別 女性
    通院目的 前歯のガタガタが気になる
    処置内容 ・カリエールによる遠心移動
    ・マルチブラケット装置にて治療
    通院回数 1年6カ月
    費用 ・セラミックブラケット装置 702,000円(税込み)
    ・処置料
    カリエール時 3,300円(税込み)×6回の来院
    マルチブラケット時5,500円(税込み)×12回の来院(メタルワイヤー)
    リスク・副作用 歯列矯正のデメリットは自由診療になるため、虫歯治療などの保険診療と比べ治療費が高額になり治療期間も症状によりますが長くなります。
    そのため、患者様がきちんと理解をした状態で治療を始めることが大切であると当院は考えます。
    矯正装置を装着した時や調整した後、歯が動き始めた時などには、多少の不快感や軽度の痛みを伴うことがあります。
    痛みの感じ方や感じやすさには個人差がありますが、なるべく痛みが少ないようにワイヤーを選択しゆっくり動かすようには考慮して治療は行っております。
    備考 矯正治療期間は、歯みがきが重要です。患者さまの歯の状況に応じて、歯ブラシ指導をおこないますので一緒に頑張りましょう。
    当院は患者さんに寄り添い、ベストな治療は何かを常に考えながら一人一人の笑顔をより素晴らしいものにしていきたいと考えています。
  4. 指しゃぶり

    • before
      Before
    • after
      After