診療のご案内
  • 診療時間

  • 10:00-19:30

  • 14:00-20:30

  •  9:00-17:30

平日 : 10:00~19:30 ( 水曜 / 14:00~20:30 )
土日 : 9:00~17:30 ※休診日 : 祝日

診療案内

矯正歯科とは

矯正歯科とは、悪い歯並びや咬み合わせを正しくし、美しい歯並びにする専門的な歯科治療です。
ワイヤーの付いた矯正装置を用いて、歯や顎の骨に力をかけて徐々に歯の位置を動かして治していきます。

智治矯正歯科の
専門的治療技術について

歯科と一言にしても、実際は各ドクターそれぞれに必ず専門分野が存在します。例えば、歯周病治療、補綴治療(詰め物)、口腔外科、小児歯科などです。
その中でも、当院は矯正歯科治療を専門としている歯科医院です。患者様とのカウンセリングを十分に行い、患者様が求めている医療を提供いたします。
通常のマルチブラケット矯正法からリンガルブラケット矯正法、マウスピース矯正法(インビザライン)まで、当院の矯正専門テクニックで患者様のニーズに合わせたフルオーダーの治療を提供いたします。

当院で治療を受ける
6つのメリット

  • 日本矯正歯科学会認定医が治療いたします
  • 治療計画を分かりやすく丁寧にご説明いたします
  • 費用を明確にご提示いたします
  • 分割でのお支払いも可能です
  • 院内に歯科技工室があります
  • 治療後のメンテナンスもしっかりと行います

治療が必要な症例

  • 出っ歯(上顎前突)

    上の前歯が前に出ていたり、上の歯並び全体が前に出て噛んでいる状態です。また、下の顎が小さくて後ろに下がっていることで、出っ歯に見えることもあります。こちらの症状の場合、口を閉じることができませんので、顔のケガで前歯を折ったり、くちびるを切ったりしやすいです。
    また、この咬み合わせにより、下の前歯が上の前歯の裏側の歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

  • 受け口(反対咬合)

    下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせのことです。上下の前歯の傾きや下の顎が大きすぎたり、上の顎が小さすぎることが原因としてあります。顎の大きさに問題がある場合、顎の骨の成長によって変化しますので、成長に合わせて治療をしていきます。受け口はうまく噛めないだけでなく、会話の相手が聞き取りにくい場合があります。

  • 八重歯・乱ぐい歯(叢生)

    歯並びがデコボコになっている状態のことや、歯が横から飛び出している八重歯のことです。
    歯が本来並ぶ場所と骨の大きさ、それぞれの歯の大きさが原因でこのような症状になります。
    歯みがきの時に歯ブラシが行き届かずに汚れが溜まりやすく、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。

  • 開咬

    咬み合わせた際に、歯が咬み合わない状態です。特に前歯が開いた形になっていることが多いです。
    前歯で食べ物をうまく噛みきることができなかったり、正しい発音ができないことも多いです。幼稚園児や小学生になっても、指しゃぶりを続けていることが原因になることもあります。他には舌の悪い癖や遺伝的な問題も原因となります。

  • 悪い歯並びによる症状

    歯科業界では、歯が不揃いであったり、上下の歯がしっかりと噛み合わない状態のことを「不正咬合」と言います。不正咬合の方に起こる症状としては、下記のようなことがあります。できるだけ小さいお子様のうちから治していくことをお勧めいたします。

    • 食べ物が噛めない
    • 言葉が聞き取りにくい
    • 口臭の原因になる
    • 歯を折るなどのケガに繋がる
    • 顎への負担が大きい
    • 虫歯になりやすい

子どもの矯正と
大人の矯正の違い

  • 子どもの矯正とは

    子どもの矯正は、歯の生え変わりに伴い、一期治療と二期治療に分かれます。
    子どもの矯正のメリットは、抜歯をしないで治療ができる可能性が高いため、歯が痛むリスクが非常に小さく、さらに後戻りを最小限に抑えることができます。小さなお子様の歯並びに、疑問や不安がある方は、いつでもお気軽にご相談ください。

  • 大人の矯正とは

    歯科矯正は、大人になってからでも受けることができます。一般的には、子供の歯並びを治すイメージがあると思いますが、これは子供のうちに矯正治療を行う方が有利なため、早期治療を勧めております。しかし、実際に出っ歯や受け口、八重歯などを気にされている20~40代の方が審美的な改善をするために治療を始めるケースが非常に多いです。

目立たない矯正治療

  • リンガルブラケット

    リンガルブラケットとは、歯の裏側にブラケットを取り付ける固定式の矯正装置のことです。
    一般的な表側の矯正治療と同等の矯正効果を得られ、表側から装置が目立たないので見た目を気にされる方にも非常にお勧めの治療法です。

  • マウスピース矯正

    マウスピース矯正とは、歯を固定する際に用いるワイヤーやブラケットを使わずに、マウスピース型の装置を使って矯正を行う治療法のことです。
    無色透明のマウスピース型の矯正装置は目立ちにくく、ここ最近の矯正治療の中でも新しい技術として認知されはじめております。

  • インプラント矯正

    インプラント矯正では、歯科用アンカースクリューを用いて治療を行います。これを用いることで強固な固定源を得ることができ、通常の矯正治療よりも大きく動かすことができます。
    また、まとめて動かすことができるため、治療期間を短縮できる可能性も高くなります。